債務整理で借金問題に終止符を

債務整理で借金問題に終止符を

返済が苦しくおまとめローンの審査にも通らない・・・そんな後がない状況になったら早急に債務整理で借金を清算するべきですが、自分にあった債務整理方法をきちんと選ぶことが大事です。どの種類を選ぶにしろ、手続きややり取りが複雑すぎて個人で行うのはかなり勉強が必要で時間が掛かります。

債務整理とは多重債務などの借金問題を抱え、返済に苦しむ方達を救うために定められた法的手段のことを言います。専門家に相談する前に、まずはご自身が選ぶべき債務整理の方法を明確にするための知識をつけましょう。

専門家に依頼すると高額なお金を取られるし、払える着手金もないしと思いがちですが、最近は着手金、報酬を含めて分割払いに対応してくれたり、基本的に弁護士に依頼し受任通知が債権者に届いた時点で返済の請求は全て止まりますので、依頼した次の給料日からはかなりの余裕ができるはずです。一口に債務整理と言っても実は種類が分かれており、「任意整理」「個人再生」「自己破産」「過払い金請求」など何種類かの手段の総称を「債務整理」と呼んでいるのです。

またCMや広告でよく見かける過払い金請求ですが、基本的には完済した借金に対して払い過ぎた利息を取り戻すためのもので、返済中の借金に対して行う過払い金請求は債務整理したことと同じ扱いになるので注意しておきましょう。それぞれの手段には特徴があり、どれを選ぶかが大変重要な運命の分かれ道。

債務整理のメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。最低限債務整理の種類について明確に答えられるくらいにはなったうえで債務整理の決断をするようにして下さい。

ご自身の借入状況や返済能力から総合判断して最適な債務整理方法を選ばなければ、あなたの借金解決に多大なメリットをもたらす債務整理にムダなデメリットが生まれることもあります。すぐに借金を整理したい方は債務整理専門の弁護士に依頼するのがベストな方法です。

債務整理とは前述したとおり種類があり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。