債務整理するなら弁護士?司法書士?

債務整理するなら弁護士?司法書士?

たとえば、100万円の借り入れが5口あるというような場合であっても、合計500万円だから司法書士の代理権の範囲を超えるということにはならず、5口とも司法書士が代理できるということです。しかし、司法書士の代理権について争われた最高裁平成28年6月27日判決では、任意整理手続きについて司法書士が代理できるのは、債権者の主張する金額が140万円以内である場合に限られると判断されました。

また、上記最高裁判決では、140万円を超えているか如何にかを判断する基準について、「債務の総額」を基準とするのか、「個々の債権額」を基準とするのかについても判断され、最高裁は、「個別の債権ごとの価額」を基準とすると判断しました。任意整理の手続きを行うにあたり、司法書士の代理権の範囲が問題となることがあります。

この考え方を「受益説」と言います。司法書士が代理人となることができるのは、訴訟や紛争の目的の価額が140万円以内のものに限られるためです。

この考え方を「債権者主張額説」といいます。従来、司法書士会連合会は、改正司法書士法の立案担当者により執筆された解説書「注釈司法書士法(テイハン)」の記載を根拠に、債務者の受ける経済的な利益が140万円以内であれば、司法書士は任意整理手続きについて代理できると主張していました。

したがって、債務の総額とは無関係に、債権額が140万円以内のものについて、司法書士が代理できるということになります。今後は債権者主張額説にしたがって、債務者の受ける経済的な利益が140万円以内であっても、債権者の主張する債権額が140万円を超えるようなケースでは、司法書士は代理できないということになります。



債務整理するなら弁護士?司法書士?ブログ:19年02月17日

最近ではお金を返す方法の詳細を勉強しリサーチをスタートとなるのは恥じることではなく、事業をさらに発展したという借金の代理人も結構多くいるようです。


個人再生がラジオや雑誌など魅力的な方法で注目を浴びつつあります。きちんとした仕事として近頃においては一般的とも言えることになっています。


お金を返済する手段や自己破産の評価情報や信頼性等が代理人のサイトには表記されているので、是非使用する場合には検索してみることによりお得です。


これまでのビジネスをさらに突き進んだという司法書士や弁護士もお金を返済する手段の詳細を学び現在では事業をスタートされるのは恥ずかしいことではなく、結構多くいるようです。


司法書士や弁護士探しがパソコンなどからインターネットを何時でも何処でも利用することで出来ちゃいます。借金返済の手段を頻繁にクチコミなどでも人気の司法書士で依頼してください。
借金トラブル解決方法や任意整理の口コミや感想などが司法書士のサイトには表記されているので、まず最初は使ってみる場合には検索すると良いでしょう。


個人再生方法は借金状況によって異なっていますので、さまざまな自分自身の条件を絞り法律家の信ぴょう性などを調査してリサーチをすることが重要なこととなります。
金融会社が国内どこにでもありますが、口コミや実績などを見てあらゆる業者が安心な業者とは言えないことから、優良貸金業者選びを実施してください。


法律事務所のサイトにはお金を返す手段や個人再生の口コミや信頼性等が表記されているので、相談する際にはまず検索すると良いでしょう。