借金が嫌いな国民性って?

借金が嫌いな国民性って?

多くの人たちはつつましい生活を送っていました。幕府は上限金利を定め「高利貸し」を禁じましたが、担保を取らない代わりに高値金利で金を貸す者は少なくなかったようです。

貸す側も当然のことながら返せる人にしか貸してくれません。なぜそのようなマインドセットになったのかについては諸説あるようですが、私はそのどれよりも大きな原因は江戸時代の庶民の生活から来たのではないかと考えています。

返済が滞れば峻烈取り立てがあり、中には夜逃げする人もいました。ほとんどの人はわかっているはずですが、現実にはそうした人も少なくありません。

現代においても、銀行など比較的低利で借りられる金融機関では与信が付かず、断じて借金をしなければ生活できない人は「高利」での借り入れをせざるえない場合があります。そのような生活を送る人はまとまったお金を借りても返済はとても厳しかったでしょう。

断じてお金に困った場合には高利貸しから借りるしかありませんでした。歴史小説や歴史ドラマなどではわき役、エキストラでしか登場しない人たち。

当然のことながら今も昔も「借りたカネは返す」のが基本です。日本人は「借金嫌い」だと言われます。

そのため、「借金は恥」という意識が大きくなるとともに、金儲けの話を汚穢、忌まわしいと感じるようになったのではないかと考えられます。台本には「町人A」とか「農民B」の様にかかれている役の人が実際には大多数だったはずです。

江戸時代には大地主や大商店、酒屋や寺なども高利貸しをしていたようです。こうした歴史から、多くの日本人には「借金」をするのはよほどお金に困った人でした。

このような状態にならないようにすることが大切です。



借金が嫌いな国民性って?ブログ:19年07月31日

個人再生は数多くの代理人が開設されていることから、利用する前に依頼実績をチェックしてください。クチコミサイトや借金整理情報サイトなどを参考材料としてみるのもオススメします。


現在においてはお金を返す手段のマニュアルを学びターゲットリサーチを開始されていくのは特に特別なことでもなく、自分のビジネスをさらに突き進んだという法律事務所も多くあります。


債務の返済で許容範囲を超え借金整理がまんがいち不可欠な場合、混乱せずに法律実務家へ問い合わせすることをおすすめします。
借金整理方法はキャッシング状況により違っていますが、いくつかの自身の条件を絞り弁護士や司法書士の依頼実績を拝見して見つけることが重要なことです。
一般人が把握することが出来ないのは把握されていない部分も使用されそこまで相談することもない借金整理なのですから、当たり前のことです。
大幅に超安い法律家の利用は費用の相場が各業界に存在しているように、当然のことですがお金を返す方法にも価格相場はあるので、避けるようにしましょう。
弁護士や司法書士探しがパソコンやスマフォでネットを外でも使うことによって出来るようになっています。お金を返す手段をリアルに優良とも言える法律事務所で依頼しましょう。
お金を返済する手段を一番最初にしっかりとチョイスしておき、弁護士や司法書士によっていくつかの特色があることから、信ぴょう性などを確認して選ばなければいけません。